代表者挨拶

philosophy

激動する世界の医薬品業界の中、
私達は皆様の多種多様なご要望に
グロ-バル・スタンダ-ドで
お応えできるものと確信しております。

弊社は、昭和25年 抗ヒスタミン剤をはじめとする 局方医薬品の製造を目的として設立され、 昭和31年 モノクロル酢酸製造を契機に、有機中間体分野に進出いたしました。
その後、シアノ酢酸エステル、マロン酸エステルといった 特殊中間体と、 そこから誘導されるピリミジン、プリン類のヘテロ環化合物等を製造する中で、 さまざまな有機合成工業化技術の蓄積をはかり、 高付加価値中間体の受委託生産業務へと、事業の拡大を図ってまいりました。
さて、世界の製薬企業では アウトソ-シング化が潮流となっており、 さらに その速度は増しているように思われます。
このような状況下において、弊社は 世界の製薬企業の生産基地としてのファンクションを果たすべく、 多品目の生産が可能な最新鋭のGMP適合原薬製造工場を建設いたしました。 GMP仕様の機器を豊富に配置したこの工場の完成により、 従来からのソフト面における品質保証システムに加えて、 ハ-ド面でもより一層 品質保証体制の充実をはかりました。
また、これまでに培った 有機合成工業化技術を背景に、 治験薬GMPに対応した 小生産プラントとの連携により、 新薬開発段階からコマ-シャル生産までの 一貫した対応が可能となりました。
さらには、多品目生産体制による コストメリットに加え、 既設の医薬中間体用マルチパ-パスプラントとのコンビネ-ションにより、 ご満足いただける価格での提供が可能と考えております。
激動する世界の医薬品業界の中、私達は 皆様の多種多様なご要望に グロ-バル・スタンダ-ドでお応えできるものと確信しております。

取締役社長 宇川 敏夫 / 専務取締役 廣田 晃
PAGE TOP