会社概要

overview

会社概要

社名
十全化学株式会社 JUZEN CHEMICAL CORPORATION
創業
1950年11月16日
資本金
6,500万円
役員
取締役会長: 廣田 晃
取締役社長: 宇川 敏夫
専務取締役: 廣田 大輔
常務取締役: 廣川 誠
取締役:   鈴木 敏久
事業
医薬品事業医薬原薬 及び その重要中間体の受託製造
試製品事業治験用原薬等の試製受託
化成品事業特殊中間体の受託製造
マロン酸 及び ピリミジン誘導体の製造
事業所
十全化学本社
本社
富山市木場町1番10号マップ
TEL:076-433-1111 FAX:076-432-1165
十全化学本社
東京支店
東京都港区虎ノ門2-8-1 虎の門電気ビル3階マップ
TEL:03-3591-7613 FAX:03-3591-7635
工場本社に同じ
従業員
242名(製造 110名、研究開発 47名、QU 53名)2016年3月1日現在
認証等
FDA査察:
  • 2000年 JPP-Ⅰ
  • 2005年 JPP-Ⅰ, JPP-Ⅱ
  • 2009年 JPP-Ⅰ, JPP-Ⅱ
  • 2012年 JPP-Ⅰ
  • 2016年 JPP-Ⅰ, JPP-Ⅱ
KFDA(現 MFDS)査察:
  • 2007年 JPP-Ⅰ
  • 2012年 JPP-Ⅰ
AIFA査察:
  • 2012年 JPP-Ⅰ
ISO14001:
  • 2001年 認証取得

沿革

十全化学60年のあゆみ。

製薬メーカーの皆様が中間体、原薬、製剤それぞれのアウトソ-シングを積極的かつ戦略的に展開しておられる中で、
弊社は原薬や重要中間体の受委託製造の専門メーカーとして、これまでの経験とノウハウをフルに活用し、
新薬開発から既存薬のあらゆるステージのアウトソーシングに対して、皆様のご要望に的確にお応えいたします。

1950年代
1950年
  • ・抗ヒスタミン剤の製造を目的として設立
1955年
  • ・モノクロル酢酸の製造を開始し、工業薬品分野に進出
1960年代
1961年
  • ・ビタミンB1・B2中間体の製造を開始
1970年代
1976年
  • ・サルファ剤中間体の受託製造を開始
1980年代
1983年
  • ・CO法によるマロン酸エステルの製造を開始(青海工場)
1986年
  • ・医薬中間体用マルチパーパスプラント完成
  • ・FDA査察受審
1990年代
1996年
  • ・ISO9002の認証を取得(2002年に認証を返上し、GMPに統合)
1998年
  • ・Global GMP適合の医薬品原薬用プラントJPP-Ⅰ 完成
2000年代
2000年
  • ・FDA査察受審(JPP-Ⅰ)
  • ・JHP 超低温反応設備を導入
2001年
  • ・JPP-Ⅱ GMP適合工場へ改造
  • ・ISO-14001の認証を取得
2002年
  • ・JPP-Ⅰ 生産能力を増強
2004年
  • ・JHP 生産能力を増強
  • ・新分析研究センター完成
2005年
  • ・FDA査察受審(JPP-Ⅰ&JPP-Ⅱ)
2006年
  • ・JPP-Ⅰ 生産能力を増強
2007年
  • ・KFDA(現 MFDS)査察受審(JPP-Ⅰ)
2008年
  • ・JPP-Ⅱ 生産能力を増強
2009年
  • ・FDA査察受審(JPP-Ⅰ&JPP-Ⅱ)
2010年代
2012年
  • ・FDA査察受審(JPP-Ⅰ&JPP-Ⅱ)
  • ・KFDA(現 MFDS)査察受審(JPP-Ⅰ)
  • ・AIFA査察受審(JPP-Ⅰ)
2013年
  • ・新研究開発センター完成
2015年
  • ・高薬理活性対応プラント JPP-Ⅲ 完成
2016年
  • ・FDA査察受審(JPP-Ⅰ&JPP-Ⅱ)
PAGE TOP